【2019年3月】4歳+6歳子連れで3泊4日沖縄旅行記

こんにちは、ワーママpicaco(@wmpicaco_)です。

3月中旬に家族(子供4歳+6歳づれ)で沖縄旅行に行ってきたのでその記録をまとめます。花粉から逃げるためもあり、初めて3月に沖縄に行ってきましたが、花粉症の症状がなくなることに加えて気候もよくて過ごしやすく、すごくよかったです。今後も沖縄に行く機会があれば、暑すぎる夏よりもぜひこの時期に行きたいなと感じました。

今回も、るるぶを買って過ごし方の計画やレストランの情報収集に使いました。
created by Rinker
¥1,045 (2019/10/23 16:27:15時点 Amazon調べ-詳細)

スポンサーリンク

日程とホテルを決めた経緯

私は沖縄にはもう学生時代から何度も旅行した事があり、気がつけば子連れでも、下の子が妊娠中から4歳になる今回まで毎年沖縄(離島も含め)に行っている。しかし、だいたい9~10月ごろ行くことが一番多く、その頃は台風にあたるかどうかが一か八かのかけになる。それ以外では梅雨明けすぐを狙って6月後半にしたこともあったが、それも結局梅雨が明けるか明けないかのかけになる…
そんな時、沖縄は花粉がないし、オフシーズンで安いのでから花粉の時期に行くのがいいらしい!とどこかで耳にして魅力を感じ、今回初めて3月に行くことにした。

3月で家族の日程が合うところここしかなく、3月第3土曜からの4日間に決めた。沖縄本島の今回行った万座ビーチあたりでは3月末に海開きだということも、予約してしまってから初めて知った…
本来は海開き後の4月1週あたりが本当は一番良かったかもしれないと思う。

ホテルは最近本島では、カヌチャリゾート、ブセナテラスなどに泊まっていて、行った事のないホテルで、と探しているうちにたどり着いたのが昨年オープンしたという、「ハイアットリージェンシー瀬良垣アイランド沖縄」。ホテルの記録はこちら↓にまとめた。

花粉と気候

もう何十年もこの時期花粉症に悩まされているので、今回沖縄に行ったらその症状がどうなるのか楽しみだった。

旅行の直前にはちょうど花粉症の症状がきつくなり、目がかゆくくしゃみが出る症状が続いていた。沖縄に着いた瞬間、目のかゆみが一切なくなった、とまではいかなかったけれど、翌日以降、確かに全く目のかゆみはなかったし、くしゃみも出なくなった。(コンタクトを使っているので、翌日以降取り替えたからすっきりしたのかも?)

一方鼻水は朝方などに出ていた気もして、ちょうど花粉症とは別で体調を崩したせいか、部屋の空調や気温設定のせいだったのかもしれない。

いずれにせよ、この時期、関東だと基本はちょうど気持ちがいいのに、一日外で遊んでいたら花粉症の症状が大変なことになるのが残念すぎるので、沖縄ではそれがないのはすごく良かった。

気温はそれほど関東と差は感じず、むしろ沖縄はもっと暑いのを期待してしまって半袖Tシャツやノースリワンピースなど子供も夏っぽい服装を持って行ってしまったけれど、昼間に晴れて日が当たっているときはその服装で良いものの、羽織りものは必要な気候だった。

靴もサンダルかスニーカーで迷ったけれど、大人はプールに行くとき以外はスニーカーで過ごした。子供はクロックスを持って行って、下の子だけは外に出かける時もだいたいクロックスで過ごしていた。

女の子のクロックスはこのシンプルな黒がワンピなどにも合って使いやすい。(クロックス、全般的にデザインに魅力を感じず、全然履かせたくないと思っていたけどやっぱり使いやすいので結局使っている!)

1日目(沖縄着、ランチはジャッキーステーキハウス、夕食は創作料理やんばる)

飛行機は、7:40羽田発 10:35那覇空港着の便。
5時に子供達を起こし、6時過ぎに家を出るのは慌ただしかったけれど、初日1日時間がたっぷりとれるのは嬉しい。

レンタカーを借りると、ランチを食べに「ジャッキーステーキハウス」へ。有名なお店のようで、芸能人のサインがたくさん飾ってあり、お客さんが次々とやってくるお店。空港から車ですぐなので、11時半ぐらいには到着して駐車場にも最後の空き1台ですんなり止められて良かった。
子供はハンバーガー、大人はテンダーロインステーキ(脂身が少なくやわらかなヒレ肉)を注文。ハンバーガー、めちゃくちゃ美味しい!と上の子が感激していて、確かにお肉がステーキ屋さんならではな本格的な感じで美味しかった。ステーキは塩胡椒、ステーキソース、おろしニンニク、ガーリックパウダー、と色々な味で楽しめボリュームたっぷりで満足。
その後ホテルへ到着、下の子が体調を崩して寝込んでしまったので上の子はパパとホテルの屋内プールで遊んだ。
夕食はパパと私が交代して、上の子と二人でホテルすぐ近くで歩いて行ける、創作料理居酒屋的なお店「やんばる」へ。予約をしていなくて土曜日だったのもあって混んでいる様子で最初「予約でいっぱいです」という雰囲気だったのだけれど、行くところがなくて困っている様子をわかっていただけたのか、その後なんとか通してもらえて助かった。
飲み物に飾られた蘭のお花が南国の雰囲気で嬉しい。
お通しの器も沖縄らしくてかわいい。
タジン鍋一品料理のハンバーグ。お肉のうまみをとじこめた油を豚さんの形に固めていて、火にかけると溶けていなくなる仕掛けが!子供が喜んでいた。
沖縄の炊き込みご飯、ジューシー。子供用にと頼んだけれど大人もとても美味しくいただけた。
このお店、ホテルから近く便利だったのもあって最終日にも家族四人で再訪。その時は看板メニューの豚肉と野菜のタジン鍋を頼んだ。
店員さんのお子さんがお店の中で遊んでいるなど、アットホームな雰囲気で、家族の写真を撮ってくださるなど接客もよくていいお店だった。

スポンサーリンク

2日目(ナゴパイナップルパーク、しまドーナッツ、)

朝食後、子供たちの希望でホテルのプールで遊ぶ。(下の子の体調は1日休んで回復!ほっっ)

10時すぎにプールから部屋に戻り、車でしまドーナツへ。ここは沖縄でここ何回か通っている、島豆腐のおからや豆乳を使ったヘルシーで素朴な焼きドーナッツのお店。

11:00に開店で、なくなり次第終了、となっていて、過去に午後になってから行って売り切れて買えなかったこともあったので、今回は開店に合わせて買いに行った。

古民家を改装した可愛いお店。小さくてあまり目立たないので車で通りすぎてしまいそうになる。駐車スペースも1台~2台しかないので、いつも近くで私が車から降り、夫には車で周囲をフラフラして買い終わたころに迎えに来てもらっている。

色んな味が選べて、5個セットだと800円になるのでそれを2セット購入。

続いてしまドーナッツの近くにあるナゴパイナップルパークに行ってきた。

ナゴパイナップルパークのレポートはこちら↓

そのあとは、ブルーシール名護店の裏手の海辺で先ほど購入してきたしまドーナッツでランチタイム。海が綺麗で、天気も良かったので外でのランチも気持ちよい。
子供たちは浜辺で貝を探したり、棒切れを投げたりしてしばらくはしゃいで遊んでいた。

おやつにブルーシールアイスを食べた。

この日、なんと下の子の体調不良が移り私の体調が絶不調だったため、今度はパパと子供たちの3人でディナーに行ってもらった。ホテル(ハイアットリージェンシー瀬良垣アイランド)内のイタリアン、クッチーナセラーレを予約。私は行けなくて残念だったが、美味しかった、と夫が絶賛していた。ますます残念。

3日目(美ら海水族館、島豚家)

この日は私の体調も回復し、朝から美ら海水族館へ。
「美ら海水族館」のレポートはこちら↓
その14時ぐらいに水族館を出て、沖縄そば、「島豚家」で遅めのランチ。
ボリュームがたっぷりの豚肉が乗ったお蕎麦。麺は自家製でコシがある。お肉は炭火であぶってあるところが珍しい。豚肉が得意ではない夫も、これは大丈夫!と言って美味しくいただいていた。
ホテル帰って、またまたプールで遊ぶ。
ディナーは1日目に行った「やんばる」で。

4日目(ビオスの丘、おんなの道の駅、残波岬公園、帰宅)

朝食後、少しホテルの周りをお散歩した後、チェックアウト。

車でビオスの丘へ。

「ビオスの丘」のレポートはこちら↓

ここで2時間ほど遊んだあとは、「おんなの道の駅 なかゆくい市場」でランチタイム。
ソーメンチャンプルーやジューシーのおにぎり、モズクの入ったお好み焼きっぽい食べ物、タコスサンド、など、沖縄らしいメニューを購入して家族みんなでシェアして楽しく食べた。

そのまま空港に向かうにはまだ少し時間があったのと、子供が行きたがっていたので「残波岬公園」へ。子供は観光地に行っても、結局普通の公園が好きだったりする…

ここは海辺の岬にある、公共の公園で、海を見渡せる原っぱにある遊具で遊べてすごくよかった。遊具は似たようでも、この景色や環境は沖縄ならでは。

船の形の建物の中に入って階段を上ると、海を上から眺めることができる。

原っぱ中にある遊具。ボルダリング風の壁に貝殻などどことなく海の雰囲気?

沖縄は豚肉が有名だから豚さんキャラがこの土地のマークなのかな?随所にこの豚さんがいた。

たぶん、上に上ることを想定して整えられた切り株。上の子が喜んで乗っていた。

原っぱに作られた丘に登ると遊具の向こうは海!この環境は自宅近くでは味わえない。。

木がジャングルのように茂ったエリアもあり、かくれんぼや鬼ごっこも楽しかった。

巨大なシーサーも海のほうを見ていた。
15:00前ごろに、残波岬公園を出て、ガソリンスタンドに寄った後16:00にレンタカーを返却(ニッポンレンタカー空港営業所)。
空港で、機内で食べるお弁当購入。

18:15那覇発の20:35羽田着予定の便だったが、出発が遅れ遅れ18:30出発で21:00羽田着で帰宅!家族みんな疲れてくたくただったけれど、楽しかった。(火曜日帰宅で水曜から普通に仕事と保育園に行く忙しいスケジュールだったけど、何とかなりました。)

子供が2人になってからも、もう何回も行っている沖縄旅行だったけど、一時は二人分2サイズ持ち歩いていたオムツが不要になり、授乳やお昼寝のペースなども気にしなくて良くなったいま、だいぶ楽になってきたと感じた。国内がやっぱり安心で楽だし、また気軽に行きたいな~と思う、楽しい沖縄旅行でした。
どなたかの参考になれば、と思います。
created by Rinker
¥1,045 (2019/10/23 16:27:15時点 Amazon調べ-詳細)

移動中の子供の退屈防止アイテムについてはこちらの記事をどうぞ↓

関連記事:新幹線/飛行機移動で幼児を飽きさせないアイテム3選

The following two tabs change content below.
保育園に通う2児を育てるワーキングマザー。新卒から10年同じ会社に勤め、仕事はお金のためだとしか思ってこなかった。産後、我が子と離れて過ごす時間をそんなふうに使うのはもったいないと思うように。仕事について、やりたい事について、模索中。詳しいプロフィールはこちら