Amazon Echo(アレクサ)で扇風機を付けられるように設定してみた

こんにちは、ワーママpicaco(@wmpicaco_)です。

先日、「Amazon Echo Dot」と「ラトックシステム スマート家電コントローラ RS-WFIREX3」を使って、声でテレビ、エアコン、照明の操作をできるように設定した。そんな中、暑くなってきて久しぶりに扇風機を出したら、これもアレクサから操作できるのかな?と気になり始め、設定してみたのでその方法をまとめておく。声で操作ができるようになったのは、扇風機の電源ON/OFFのみで、首振りや強弱の操作はできなかった。

関連記事:ラトックシステムのスマート家電コントローラ(RS-WFIREX3)をAmazon Echo(アレクサ)と繋いでテレビ/照明/エアコンを操作

2.設定手順

「家電リモコン」アプリで、設定済みの家電リモコンの左上メニューから、「家電製品の追加」をクリック

「扇風機」を選択し、マイナーだからなさそうだと思ったメーカー「ドウシシャ」があったので選択。機種は違う1機種しかなかったのでそれを選択して試してみることに。

 

「テスト送信を行います…」の表示が出るので、「電源」ボタンを押して扇風機が反応するか試してみる。…が、全く反応せず。

気を取り直して、前のメーカー選択画面に戻り、「手動で追加する」を選ぶ。

「リモコンの信号を学習させます..」のメッセージが出るので「ボタンを追加」をクリックした後に家電コントローラに向けて扇風機のリモコンの電源ボタンを押す。

 

ボタンの名前の入力画面が出るので「電源」と入力。続けて、「首ふり」と「強弱」ボタンも学習させて登録した。

これで家電コントローラに対する扇風機リモコンの設定はできたので、次はAlexaの設定に進む。開いているアプリの最初のメニューに戻り、「Amazon Alexaの設定」を選択.

さらに、「スマートホームスキルを選択」をクリックして、「追加」ボタンにより扇風機を追加。

  

追加したらさらに「登録」ボタンを押すと、このアプリでの登録が完了。

次に、「Amazon Alexa」のアプリを開いて、スキルの選択画面で「スマート家電コントローラ用スマートホーム」スキルを選ぶ。「設定」から「スマートホームデバイスの管理」に進む。

「デバイスの追加」を選択すると、新しいデバイスを検出し、「扇風機」が追加される。

これで設定完了!

3.アレクサから扇風機を操作

アレクサ、扇風機を付けて」で、あっさり扇風機が付いた!消すのも同様。テレビは「ティーヴィー」と言わないと付かないのに….!

「カスタムスキル」の設定で、扇風機の首ふりや強弱も操作できるのかな、と淡い期待を抱いて設定に挑んでみたが、どうやらそれはできないらしい。カスタムスキルで細かい操作ができるのは、テレビ、エアコン、照明のみ、ということのようだ。残念!今後の機能向上に期待だ。

でも、電源ON/OFFができるだけでもすごいと思う。結局、私の場合はいつも「弱」の強さで「首ふりあり」で扇風機を付けている。そして、人のいる位置が変わって扇風機の向きを変えたいときは本体そのものの位置を手で動かす必要がある、ということもあり、電源ON/OFFができれば十分なのだ。

早速、子供にアレクサへの指示をやらせてみたら、しっかり通じて、嬉しそうだった。「せんぷうきつけて」と、然な指示の言葉が通るのがよい。「ティーヴィーつけて」や「しょうめいつけて」という指示の言葉は普段なじみがなく、アレクサ専用の言葉になってしまい、少々使いづらい。


全体の設定手順としては、やはり2種類のアプリで設定が必要なこともあり、わかりづらいなー、という印象。一般の高齢者や主婦などにはなかなか難しいのではないかと思う。

同じように登録してみた方、いるでしょうか?少しでも参考になれば、と思います。

この、うちの扇風機はデザインがインテリアにマッチするのと、子供の小さい指がファンに巻き込まれることがなく安全な点で、気に入ってます。値段も相変わらず手頃。↓

The following two tabs change content below.
保育園に通う2児を育てるワーキングマザー。新卒から10年同じ会社に勤め、仕事はお金のためだとしか思ってこなかった。産後、我が子と離れて過ごす時間をそんなふうに使うのはもったいないと思うように。仕事について、やりたい事について、模索中。詳しいプロフィールはこちら