息子が小1の9月から通信教育(Z会)を始めた記録

こんにちは、ワーママpicaco(@wmpicaco_)です。

以前の記事で紹介したとおり、小1息子の勉強の習慣化のために、通信教育を検討しました。その結果、夏休みあけの9月からZ会を始めることにしたので、その記録をまとめます。

小1息子に勉強の習慣を!通信教育(スマイルゼミ、Z会、進研ゼミ)を検討中


スポンサーリンク

1 息子の意思は確認せず!

Z会での学習を始めるにあたって…本来であれば息子の意志を確認し、納得させた上で始めるのが筋だとは思ったが、サンプルを取り寄せた時に「やらない!」と拒否された経緯もあり、今回は特に意志を確認せずに申し込むことにした。

夏休みから毎日市販のドリルをやらせていたので、自然の流れでドリルをZ会教材にすり替える作戦で行くことにした。

2 申し込み

サンプルを取り寄せたことで、Z会から申し込み用のはがきがついたダイレクトメールが届くようになっていた。そのハガキから申し込むこともできたが、クレジットカード払いはWEBページからの申し込みのみ、ということだったのでWEBページから申し込むことにした。

期間は1ヶ月分からも申し込みができる。ある程度続けないと効果や向き不向きも判断できないと思い、12ヶ月一括で申し込むことに。ちなみに6ヶ月一括払、12ヶ月一括払、とだんだん割安になっていく仕組み。

申込みを行ったのは8月25日頃。1ヶ月遡って8月分の教材から申し込むか、9月分からか、の選択が可能で、9月分からを申し込んだ。

コースはスタンダードでオプションの「みらい思考力ワーク」は今の所、息子にはオーバースペックかなと感じたため、つけないことにした。

1週間以内には学習で使うスタンプや会員証の入った初期セットのような封筒が佐川急便で届き、その数日後には9月分の教材セットが届いた。

3息子の反応

息子には、「Z会を始めることにしたよ」と改めて言うことはせずに、「イーマルくんのスタンプが届いたよ!」と、このかわいいキャラクターで釣ることにした!

このキャラクターで意外と息子の気を引くことができて、「かわいい~♪」と大喜び。「スタンプが押せる」ということ自体にも嬉しさを感じている様子だった。

4学習開始

毎日の学習は教材は「ドリルZ」と「エブリスタディ」の2種類(どちらも、さんすうと国語を含む)があって、それらを1日1教科ずつ、バランス良く進めていけばよい、という感じ

シールを貼って学習の計画を立てられるカレンダーが付いているのも便利。順調に進められるかわからないので、始めのうちは1週間ずつ計画を立てることにした。

学習する内容は、無理なくこなせる量に感じた。親の感覚では適切な分量がよくわからず、市販のドリルをやらせていて「問題を多く解かせないと」というような焦りを感じ、なかなか進まない様子にイライラしてしまうこともあったので、息子に悪かったなと振り返ることもできた。こうして教材で分量が決められているとありがたい。

難易度も始めはそんなに難しくなく息子の抵抗もなさそうスムーズに進んでいたのだが、何日か進めていくうちに、すんなり解けない応用的な問題も出てきた。例えばこんな漢字の方程式風の問題など。

わからなくて投げ出しそうな日もあるが、付属していたおはじきを使ってみたり、疲れたら翌日に持ち越すようにしたりと工夫しながら続けている。親のためにアドバイスのポイントなどが載った「サポートブック」も参考になる。我が子に教えるって本当に難しい。

【2019/10/18】

息子が9月からZ会を始めて1ヶ月半が経った。今のところ、学習を順調にこなして行けていて、学習効果も感じている。

シールを貼って学習の計画を立てるカレンダーは、始めは使ってみたものの計画通りに行かない時の立て直しが面倒になってすでに使わなくなった。そこまで計画を意識しなくても、一日2ページ前後のペースで進めていけば無理なく1ヶ月の学習量を終わらせることができている

9月末に提出した添削問題は、10月の半ばに返送されてきた。先生の字がさすがに綺麗で感心する。息子はZ会のキャラクターが大好きになったので、絵も見て喜んでいた。おまけの応用問題なども書き込んでくれていて、一緒に復習をした。

添削を出すごとにポイントがたまり、ポイントが集まると景品がもらえる仕組みのようで、その辺の詳細は親子共にまだよく理解していないのだが、実際に景品がもらえたら、より息子のやる気も高まるのではないかと思う。

添削問題は、算数と国語に加えて、理科と社会へつながる「けいけん」の3種類。「けいけん」は理科と社会の2つのテーマが与えられていて、どちらか好きな方だけ選んでやってみることになっている。初回は「お月見のお団子を作る」と「玉ねぎの皮で染め物をする」の2つの選択肢で、息子は染め物を洗濯。平日はなかなか時間が取れないので休日に下の子も一緒に取り組んでみた。

「けいけん」の添削は、体験をしてみた感想文を書くようになっているし、国語にも文を書く問題が多く見られる。

先日読んだこの本↓からも国語力、特に書く力の大切さを感じているので、良い訓練になるのではないかと思っている。

関連記事:橋本武先生の「伝説の灘校教師が教える一生役立つ学ぶ力」を読んだ

created by Rinker
¥260 (2020/01/26 20:44:24時点 Amazon調べ-詳細)

5 学習開始後5ヶ月目の所感

早いもので、息子の小1期間もあと残すところ2ヶ月。Z会の通信教育を始めてからは5ヶ月目になった。今の状況としては、主に以下の2点でZ会をこのタイミングで始めてよかったと思っている。

・学習の習慣が身についた。

息子のクラスでは今まで、毎日の学校の宿題は算数と国語が表裏になったプリント1枚と、音読しかない。プリントは学童で終わらせてくるので家では丸つけのみ。これだけでは家での学習習慣、としては少ないけれど、Z会の学習があることで自然に毎日学習する習慣が身についた。うちでは夕方学童から帰宅して夕食を食べた後に、Z会の算数と国語を1ページずつ学習する、というのが息子の日課になった。

一方「けいけん」の学習は平日は時間をとるのが難しいので、土日もしくは特別に学童に行かずに早めに帰宅した日などに行うことにしている。

やっぱり、通信教育を行わずに自分で子どもに学習習慣をつけようと思って市販のドリルなどを選んでくるのは手間がかかるので、Z会がなければ習慣づけをするのは難しかったと思う。自動的に教材が家に届くのはありがたい。

・作文に慣れた

上にも書いたとおり、Z会の問題では「こくご」でも「けいけん」でも作文を書かせる機会が毎月必ずあるので、息子も少しずつ文章を「書く」ということに慣れてきたように見える。始めはまだ字を書くことすらままならず、作文用の用紙を見て「何を書いたらいいんだろう…?」と途方にくれるような姿も見られたが、今では「そうだ!こう書こう!」というふうに文がひらめくようになったようで、筆がちゃんと進んでいる。親から見て少し変かな?という文章を書いていたとしても、できるだけ訂正などせずに、息子の思いつきを尊重するように心がけている。

文章を「読む」ことも大切だが、「書く」というアウトプットをすることで、学習効果が高まるのではないかなと期待している。作文に関しても、Z会をやっていなければこのように自然に取り組ませることはできなかったと思う。

  関連記事:アウトプットのコツをつかんで子どもの学習にも応用したい!「アウトプット大全」を読んだ

  関連記事:「インプット大全」を読んで実践したいと思ったこと


今後の学習でまた共有したいことが出てきたら追記して行こうと思います。参考になれば、と思います。

Z会の無料資料請求はこちらから。

■Z会 小学生向け講座

The following two tabs change content below.
保育園に通う2児を育てるワーキングマザー。新卒から10年同じ会社に勤め、仕事はお金のためだとしか思ってこなかった。産後、我が子と離れて過ごす時間をそんなふうに使うのはもったいないと思うように。仕事について、やりたい事について、模索中。詳しいプロフィールはこちら