2歳~3歳の幼児の車酔い対策はこれだ!

こんにちは、ワーママpicaco(@wmpicaco_)です。
下の子(娘)が2歳になってから車を購入したのですが、思いっきり車酔い体質なことが判明!車に乗るたびにものすごく気持ち悪そうな顔をしていて、戻してしまうこともしばしば。本人も可愛そうだし、見守るほうもヒヤヒヤ、始末も大変でせっかくのお出かけなのに残念… なんとかならないものかと、対策を試してみて実行しているのでそのことをまとめます。

スポンサーリンク

1 車酔い体質判明の経緯

娘が0~1歳の時はうちには車はなかったが、エルゴで抱っこして祖父母の車に30分ほど乗った時に、戻したことがあったのと、同じく友人の車で遠出をした時にベビーシートでも戻したことがあって、まだ意思疎通が取れる時期ではなかったが、うすうす、怪しいなと感じ始めていた。
その後、2歳を過ぎて車を購入。始めは怪しげだったことも忘れてなんの対策もせずチャイルドシートに乗せてしまうと、と、乗るたびに盛大に戻し、本人も「キモチワルイ…」と呟くように。ここで車酔い体質確定。同乗している2歳上の子は責めるような言い方で大騒ぎするし、チャイルドシートは取り外して洗濯掃除しなければならないほどの大惨事!せっかく車を買って、いろんな場所に出かけたい私たちにとって、悩みの種となった。

2 車に乗る前の対策

対策をググってみると、
・窓を開ける
・外の景色を見るのがよくないからサングラスをかける
など色々出てきたが、うちの場合は以下の3点を気をつけることで、少しは改善したように思う。

①食後すぐの乗車は避けるか、食べる量を少なく

やはり朝ごはんを食べてから目的地に向けて出発、というスケジュールが多い中で、移動の時間帯を都合よく設定するのは難しいのだが、朝ごはんはそんなに食べたがっていなければ少な目に済ませるようにしたり、お昼はできるだけ目的地についてから、夕飯は帰宅してから、などと食べるタイミングに気を遣うようにしている。

②眠い時間帯を狙い、車中で寝かせる。

朝普段より早めに起こして出発したり、お昼寝をさせないで帰り道で寝かせたりとなるべく寝ることを促す。寝てしまえば車酔いは感じないようで、娘も眠っていて戻したりしたことは一度もない。
本人も、次第に自分が車に乗ると気持ち悪くなるから寝たほうがいいんだ!とわかってきたのか、体の制御本能なのか、車に乗るとすぐに自然に目をつむるようにもなった。

③遠出の時は30分前に酔い止めを飲ませる。

子供用の酔い止めが3歳からとの指定のため、(3歳未満で飲める市販の酔い止めは、ない模様。) 2歳の時は飲ませらなかった。(実際は少しフライングで3歳少し前から飲ませてしまったが、飲ませる時は自己責任ですね…)これが「お薬を飲んだから大丈夫!」というおまじないにもなっているようで、喜んで飲むようになって助かっている。
始めはシロップを飲ませていて、慣れてきたら持ち運びに軽い錠剤に変えて、家に常備している。

★幼児向け通信教育の無料資料請求★

■ 月刊教材ポピー 無料見本
■ Z会 幼児コース
■ 学研 まなびwith
■ ディズニーの英語システム 無料サンプルプレゼント

The following two tabs change content below.
保育園に通う2児を育てるワーキングマザー。新卒から10年同じ会社に勤め、仕事はお金のためだとしか思ってこなかった。産後、我が子と離れて過ごす時間をそんなふうに使うのはもったいないと思うように。仕事について、やりたい事について、模索中。詳しいプロフィールはこちら