SHEINで子ども服を買ってみた(中国版ZARA、アメリカで大ヒット中のファストファッション)

こんにちは、ワーママpicaco(@wmpicaco_)です。

SHEIN(シーイン)という、今とても勢いのある中国発のファストファッションブランドをご存知ですか?

私は最近twitterでこのSHEIN(シーイン)の存在を知り、安くて種類豊富、ということから子ども達の服を買うのにちょうど良いのではないかと思って買ってみたのでそのレポートをします。


スポンサーリンク

1 SHEINを知ったきっかけ

SHEINの存在はtwitterのタイムラインで何気なく目についたことで知りました。

元々、『2025年、人は「買い物」をしなくなる』という本を読んだことからフォローさせてもらっていた著者の望月さんが「アプリストアのショッピングカテゴリでメルカリやAmazonよを抜いて一位になっているSHEINってなに!」とつぶやいていたことがきっかけです。

created by Rinker
¥1,628 (2021/06/22 05:58:42時点 Amazon調べ-詳細)

2 SHEINとは

調べていくと、SHEINは中国発の会社だけれどもアメリカで最も多くダウンロードされたショッピングアプリであること、独自の生産チェーンを持っていて製品の企画から生産までのサイクルを7日間に抑え、どんどん新しい商品を販売していること、などがわかった。

参考:ファストファッション「SHEIN」がアマゾンを抜き米国で最もインストールされたショッピングアプリに

中国発、謎のファッションブランドSHEINに注目が集まる理由。急成長のデカコーンの強みとリスク

3 アプリインストール、子ども服をチェック

SHEINは店舗は持たずネット販売専門、日本でもどんどん購入され始めているようだったので、早速アプリを入れてみた。

低価格帯のファストファッション、ということであまり自分の服を買いたいとは思わず、子ども服があればいいな、と確認してみるとばっちり、キッズカテゴリーを発見!

普段、子ども服はうちではコスパ重視でH&MやUNIQLO、たまにGAPやzaraで買うという感じ。OLD NAVYの店舗があった時にはOLD NAVYもたまに愛用していたけれど、数年前に日本撤退してしまった。

H&MやUNIQLOは買う人も多いので、街で必ずといっていいほど同じ物を着てる子を見かけて、かぶる印象が強い。

SHEINはまだそんなに知られていないだろうし、何より毎日1000点もの商品を新しく投入しているということで、アプリから商品を検索してみても子ども服だけでもかなり品数豊富で、なかなかかぶらないんじゃないかな?と思った。

また、海外からの配送ということで送料も気になったけど、US19ドル(2000円ぐらい)以上で送料無料、というのも魅力的。

初回注文のクーポンもあり、かなり安く済ませられそう!

4 注文

今回、息子のTシャツ(130サイズ)と娘のトップスとショートパンツ2点(120サイズ)、髪ゴム2セットと私の家着用パンツ2点の8商品を購入して、割引が適用されて送料込みで4,972円。安い!

かなりのアイテム数があるので選ぶのが大変。ただ、種類が多いだけあって、好みではない、と思う物もある一方でいいな、と思えるものも見つかった。

子どもに自分で選ばせるのにも、この値段なら親と多少好みが合わなくても気が軽い。

支払いはクレジットカードで、特に手順に迷うこともなく完了。

発送後の進捗もアプリから追跡確認できて、注文の数日後に出荷された様子がわかった。どこから出荷されたかはいまいちよくわからなかったけど、途中香港を経由して日本に到着。そこからは自宅まで届く様子が詳細に追えた。

注文から受け取りまでは2.5週間ぐらいかかって、やはりそこは国内発送のようにはいかない。

5 商品の使用感

届いた商品はこちら。

子どもたちも気に入っていて、(もちろん高級感はないものの!)品質も特に問題ないかなと思っている。

使える時期の少ない子供服で、普段使いの物にはかなりいいな、と思えています。

髪のゴムもデザインがかわいいのに10個入りで100円台。これならなくしても、気に入らなくなっても全然気になりません。

 


うちでは今後もSHEINでたびたび子供服を購入することになりそうな予感!

みなさまの参考になれば、と思います。

The following two tabs change content below.
2人の子どもを育てるアラフォーのワーキングマザー。転職経験なしの会社員。自分が本当にやりたい仕事はなんなのか?を模索しながら暮らしています。 詳しいプロフィールはこちら