カリタのコンパクトなコーヒーミルCM-50で美味しいコーヒーを入れよう!

こんにちは、ワーママpicaco(@wmpicaco_)です。

自宅でもっと美味しいコーヒーを飲む方法はないかな?と悩む過程で、とてもコンパクトで簡単にコーヒー豆を挽ける、カリタのコーヒーミルCM-50を購入し、使ってみたのでその使用感をまとめます。

スポンサーリンク

1 もっと美味しいコーヒーを!の悩み

コーヒーは濃い目に入れて、たっぷりの牛乳と合わせてカフェオレにして飲むのが好き。長い間、毎朝、自宅のメリタのコーヒーメーカーでスーパーで買った粉のコーヒーをドリップして飲んでいたけれど.. もっと、なんか、こう、お店みたいに美味しいコーヒーが飲める方法はないのかな?と、ずっと気になっていた。

うちのコーヒーメーカーはこれ↓。見た目も作りもすっきりシンプルで好き。

専用のカプセルでコーヒーを入れる「ネスプレッソ」などを使っているお友達もいて、気にはなったけど、カプセルを買い続けるのは高コストだし、かといって(使い分けのために)2台のコーヒーメーカーを持つという気にもならない

入れ方というより、豆によって味や香りがかなり変わるのでは?と思ったのも、実家では同じようなコーヒーメーカーを使っているにもかかわらず、なんだかコーヒーが美味しいのだ。母親はうちで使っているのより高価な豆を定期的にデパートで挽いてもらって購入している。

私にはそんなに頻繁にデパートに行く余裕がない。そこで目を付けたのが、今回のKalita 電動コーヒーミル CM-50。コーヒー豆といえば、うちの近くにある成城石井に色々な豆が売っているので、それを買ってきて自宅で挽けば美味しいかも!と期待したのだ。お店でも豆を挽いてもらえるが、大袋のほうが割安だし、挽いた豆を置いておくと風味がどんどん落ちてしまうらしいから、自宅で挽くのは名案だ。

2 使用感

早速、成城石井でコーヒー豆を買ってきた。

成城石井 スペシャルブレンド 【徳用】 600g 【豆】
使い方は蓋の中に豆を入れ、スイッチを押すだけ。押している間だけミルが「ウィーン」と音を立てて稼働して、すぐに豆が粉になった。時間の目安は50gで15秒。あっという間だ。音はミキサーのような感じで、ミキサーよりはちょっと小さめといった感じ。蓋を閉めなければ稼働しなように、安全性が配慮された作りになっている。
電源コードを抜いて、そのまま逆さにして粉をコーヒーメーカーにセットしたコーヒーフィルターの中へ…
コーヒーミルの水洗いはできず、専用ブラシで粉を取り除いた後、乾いた布で拭くというお手入れ方法になっている。
 
専用ブラシとは、これ↓
ブラシで粉を落とす前がこれで、
落とした後がこれ。

この後、軽くふいて、ビニール袋の中にブラシとミルを一緒に入れてキッチン収納の引き出しの中へ収納。簡単に豆を挽いて後片付けまで終わるので、忙しい朝に毎日やっても苦にはならなそうで良い。

3 コーヒーの味は…?

こうして入れたコーヒーの味.. かなり期待が高まっていた!香りは… なんとなく、いいかも!味は… 美味しい!気がする…

正直、期待が高まりすぎていたせいか、そこまで劇的に違う!って感じはしなかった。やっぱり、豆を直前に挽くかどうかより、味の違いは豆の種類によるところが大きいのだろうか。

そんなにコーヒー通ってわけではないので、わからないことも多いのだが、今後も豆の量とか種類を変えて、色々試してみようと思う。

【2018/9/26 追記】

コーヒーミルを購入後、3週間ほど毎朝使っている。毎朝の作業も苦にならないし、色々な豆の種類を試せるのも嬉しい。成城石井の豆で、スペシャルブレンドの次はエスプレッソを買ってみた。少し割高なのだが、深煎りなのでこちらのほうがカフェオレには合う気がして気に入った。カフェイタリアーノも気になっていて、次はこれを買ってみるつもり。

成城石井 カフェイタリアーノ 500g 【豆】
ちなみに焙煎度合は裏に表示があって、エスプレッソは8段階で7、スペシャルブレンドが3、になっていた。
【2019/4/10 追記】
いろいろ試していて、コスパがいいな、と思ったのがこちらの「カークランド」のコーヒー豆。コストコで売っている商品のようなのだが、コストコに行く習慣がないので、最近は専らネットでこれを繰り返し購入している。

みなさんはどんなコーヒーの種類や入れ方が好きですか?もしおススメの豆などあったら教えてください。コーヒーミルで気軽に自宅で豆を挽くと、ちょっと優雅な気分になれますよ。少しでも参考になればと思います。

The following two tabs change content below.
保育園に通う2児を育てるワーキングマザー。新卒から10年同じ会社に勤め、仕事はお金のためだとしか思ってこなかった。産後、我が子と離れて過ごす時間をそんなふうに使うのはもったいないと思うように。仕事について、やりたい事について、模索中。詳しいプロフィールはこちら