リードデュフューザーを簡単に手作りする方法

こんにちは、ワーママpicaco(@wmpicaco_)です。

トイレに置いているリードディフューザーが簡単に手作りできて、既製品を購入するよりも安価でいいな、と思ったので、今回はその作り方を共有しようと思います。

1. リードディフューザーとは?

リードディフューザーとは、こういったもの↓で、インテリアとしてもおしゃれなのでうちではトイレに1つ、置いている。

購入すると、例えば100ml入りで3,000円前後と、結構高いな、という感覚だ。中の液体が揮発して香るしくみなので、液体がどんどん蒸発して、だいたい1~2ヶ月ですべてなくなってしまう消耗品だ。
既製品で少し安価に済ませる方法としては、スティックが付いていない、オイルのみの製品を買って、スティックは別で購入するというのもよい。オイルが2,000円前後、スティックが100本入りで800円ほどで、スティックは5~10本程度差せばよいので、2,000円前後で済む。

2. 作り方

さて、これを手作りで作る場合には、さらに安価に済ませることができる。

必要な材料は以下の5つ。

・容器
・無水エタノール
・アロマオイル
・グリセリン
・ラタンスティック

<容器>

私は既製品のリードディフューザーとして購入したものの空き瓶を流用。容器だけも購入することも可能。

<無水エタノール>

混ぜたてはあまり香りがしなくてエタノールの匂いがしていて、大丈夫かな?と不安だったが、しばらくしてリードスティックにアロマが行きわたると、ちゃんと香りがしてきた。

手作りの場合のコストをざっくりで試算してみると、無水エタノール100ml で260円、アロマオイル 10mlで500円、グリセリン 10mlで20円、スティック 10本で80円の合計で860円。容器は使いまわしが効くとすると、既製品の3~5割の値段でまわしていけそうだ。


インテリアをおしゃれにするために工夫をするのって、楽しいですよね。今回のリードディフューザーの話も、少しでもみなさまの参考になれば、と思います。

The following two tabs change content below.
保育園に通う2児を育てるワーキングマザー。新卒から10年同じ会社に勤め、仕事はお金のためだとしか思ってこなかった。産後、我が子と離れて過ごす時間をそんなふうに使うのはもったいないと思うように。仕事について、やりたい事について、模索中。詳しいプロフィールはこちら