ドラム式洗濯乾燥機を縦型全自動洗濯機(日立ビートウォッシュBW-V80E)に買い替えた

こんにちは、ワーママpicaco(@wmpicaco_)です。

これまで2013年から6年間、ドラム式洗濯機を使っていましたが、カビが酷くて気になっていたのと使い勝手にも不便さを感じていたので、このたび乾燥機能のない縦型洗濯機に買い替えました。そのことについてまとめます。

今回新しく購入したのは日立ビートウォッシュBW-V80E。外観もドラム式よりスッキリして使用感もよく気に入っています

created by Rinker
日立(HITACHI)
¥77,900 (2019/11/14 09:44:22時点 Amazon調べ-詳細)

スポンサーリンク

1 買い替えの理由

買い替えたいと思った一番の理由は、酷いカビが発生していて清潔感が保てなくなってしまったため。うちのドラム式洗濯機は扉の部分のパッキンンがゴム製で、そこに発生した黒カビが取りようもないほどに…
またその裏側の溝部分にも常にヘドロのような汚れがついている状態。

定期的な樽洗浄は行っていたものの、洗浄するたびに黒いカビのカスが出るし、もう手の施しようがないのかなという気がしていた。

手入れが行き届かずに使い方が悪かった、ということもあると思う。できれば毎日使ったら乾燥させるために扉を開けておきたいのだが、その扉もドラム式だと横に空くので洗濯機を置いている洗面所の空間の中で通り道の邪魔になってなかなか完全に乾燥するまで開けておくこともできなかった。

2 ドラム式ではなく縦型にした理由

そんな中、実家の親が少し前に洗濯機を買い替えた。実家はドラム式を使ったことはなく、縦型から縦型への買い替えだったが、親が「乾燥機能は使わないからシンプルな縦型にした」というのを聞いて、そういえばうちも乾燥機能は付いているものの、一切使っていない..とと気が付いた。

うちでは普段は洗濯物は朝、ベランダに干して夕方帰宅直後には取り込む。
洗濯物を干すのが手間だったり、家事の時短のために、「洗濯物を干す」という行為はせずに、洗濯乾燥機で洗濯から乾燥まで全て一気にやってしまう、という家庭もあるようだが、
私は日光のあたる外に干したいと思っていて、今後も変えるつもりはなかった。

悪天候の日でも湿気のこもらない家というのもあってか、ほとんど室内干しで乾く。また浴室に乾燥機がついているので、部屋干しでどうしても乾かない時でも洗濯機に乾燥機能は必要ないのだ。

実家に置かれた新しい縦型洗濯機を見て、形も見た目もシンプルですっきりしていて、うちでもドラム式よりもこちらのほうがコンパクトに配置できるのではないかとも思った。
扉もドラム式と違い、上開きなので乾燥のために開けっ放しにしても邪魔にならない

3 日立の縦型洗濯機を選んだ理由

ということで、家電量販店のオンラインサイトで事前調査。
洗濯機のカテゴリは「縦型洗濯乾燥機」「ドラム式洗濯乾燥機」「全自動洗濯機」「2槽式洗濯機」の4つのカテゴリに分かれていたので、「全自動洗濯機」を選択して絞り込む。洗濯容量が、それまで使っていたドラム式が9kgだったので同程度の8~9kgで考える。

その中で、日本のメーカーで、デザインがシンプルで気に行ったのが日立か東芝だった。
夫の意見を聞くとなんとなくイメージで日立が良いとの意見。また、使っていたドラム式が日立だったので、操作性から言っても日立のほうが慣れていて使いやすいだろうな、日立の8~9kgの製品とだいたい目途をを付けた。

4 家電量販店の実店舗で注文

あたりを付けた製品について、量販店で実物を確認。9kgと8kgで迷ったのだが、現地での値引き率が良いのが8kgのほうだったのと、うちで洗いたいものの中で一番大きいと思われる毛布やタオルケットが入るかな、という基準で考えると8kgでもなんとか入りそうだったので
8kの製品に決定。(ちなみに購入価格は税込96,000円に古い洗濯機のリサイクル料が約4,000円。量販店のポイントが8%付くのに加えてpaypayで購入したので、そのポイントも3%還元された。)

店員さんに注意点などを聞くと、液体洗剤の入れ場所が洗濯槽の上部にあて多少入れにくいこと、と言われた。この点、うちは粉せっけんを使っているため、樽の中にパラパラと入れることになるので関係なし。

4 届いてみての使用感

洗面所に設置した感じ、ドラム式よりも横幅/奥行ともにが小さくすっきりして空間が広くなったように感じる


また、使用中に蓋を開けて中の様子を見たり、入れ忘れたものをサッと放り込めるのもよい。ドラム式の時は、一旦「一時停止」を押してロックを外してから開けなければならなかったし、開けるとエラー音がピーピーなっていた。この縦型洗濯機の場合は、開けるとエラーで運転は停止するものの、ロックもなくエラー音がなることもない。

そして、使用後にはふたを開き十分に乾燥させることができる
ドラム式は水の使用量が少なく、たたきつけるように洗うという特徴があるのに対し、縦型はたっぷりの水で洗う分、衣類にも優しい気がして気に入っている。

「ドラム式の方が最新で高級な家電」というイメージで憧れのようなものがあり、前回はドラム式を買ってしまったが、使わない乾燥機能があるだけ無駄だと思ったし、なにより不衛生なのが気持ち悪かった。
今回の縦型はドラム式のようなゴムパッキンもないので、より清潔に保ちやすいように感じている。

乾燥や定期的な洗浄を怠らずに、今後は長く清潔に使っていきたいと思っている。


洗濯機の買い替えをお考えの皆様の参考になれば、と思います。

created by Rinker
日立(HITACHI)
¥77,900 (2019/11/14 09:44:22時点 Amazon調べ-詳細)
The following two tabs change content below.
保育園に通う2児を育てるワーキングマザー。新卒から10年同じ会社に勤め、仕事はお金のためだとしか思ってこなかった。産後、我が子と離れて過ごす時間をそんなふうに使うのはもったいないと思うように。仕事について、やりたい事について、模索中。詳しいプロフィールはこちら