料理や食にこだわる女性におすすめの小説、柚木麻子さんの『BUTTER』

こんにちは、ワーママpicaco(@wmpicaco_)です。

あの、首都圏連続不審死事件(木嶋佳苗)事件をモチーフにした「BUTTER」という小説を読みました。

ストーリーはさることながら、次々に登場する食べ物の描写がすばらしくて、食にこだわりたい思いが強くなるような小説でした。週刊誌の女性記者を中心とした登場人物の人間模様もおもしろかったです。

created by Rinker
新潮社
¥990 (2020/04/02 11:56:29時点 Amazon調べ-詳細)


スポンサーリンク

1 あらすじ

以下Amazonより抜粋。

『結婚詐欺の末、男性3人を殺害したとされる容疑者・梶井真奈子。

世間を騒がせたのは、彼女の決して若くも美しくもない容姿と、女性としての自信に満ち溢れた言動だった。

週刊誌で働く30代の女性記者・里佳は、親友の伶子からのアドバイスでカジマナとの面会を取り付ける。だが、取材を重ねるうち、欲望と快楽に忠実な彼女の言動に、翻弄されるようになっていく―。読み進むほどに濃厚な、圧倒的長編小説。』

「カジマナ」という容疑者の名前の設定がキジマカナエと微妙に似ていて絶妙!

カジマナは全く美しくもないのに沢山のお金持ちの男性とお付き合いし、優雅な生活を送っていた。そして、その優雅な生活で美味しいものを食べ慣れていて、とにかく食に対するこだわりが強い。

仕事で忙しく、全く料理もせず、食にこだわらなかった週刊誌記者、里佳の生活を変えていく。

2 登場した食材で食べたくなるもの

まずはなんといっても、タイトルになっているバター!

里佳が初めての面会でカジマナに薦められて食べてみて感激した「エシレのバター」。これをバター醤油ご飯にして食べる場面の描写がすごく、食欲をそそる…

今はAmazonでも買えるみたいですね。

また、エシレよりは安価に買えるカルピスバターも登場。

created by Rinker
カルピス
¥1,910 (2020/04/02 07:16:03時点 Amazon調べ-詳細)

私も最近増していた、食にこだわりたい欲、いいものを味わって食べたい欲がこの本を読んでさらに増した。この二種類のバターは近々ぜひ食べ比べをしてみたい。

そして、もう一つバターに絡めて登場したのが「銀座ウエストのクリスマスケーキ」

ウエストの焼き菓子などは良く目にするけれど、クリスマスケーキのことはこれまで全く知らなかった。こちらもいつかは食べてみたい。

カジマナが通っていたという有名な料理教室に、記者の里佳が潜入する場面もある。そこで話題になった料理で印象的なのが「七面鳥」。冷凍された七面鳥を冷蔵庫で3日間かけてゆっくり解凍し、大きなオーブンで焼く。

昨年の夏にキャンプで友達が作ってくれた、丸鶏のダッチオーブン焼きがすごく美味しくて、それを思い出しつつも、この本格的な七面鳥を料理することにも憧れを感じた。

3 里佳を取り巻く人間模様

シンブルマザーとして里佳を育ててきて、高齢の今もハツラツとセレクトショップで働く母親。広報としてのキャリアを持ちながらも結婚して不妊治療に専念している里佳の親友の伶子。友達のような長い関係の彼氏や、会社の同僚に、謎に里佳にスクープ情報を横流ししてくれる男性など、里佳のまわりの人間関係と、次第にその関係が変化していく様子もおもしろい。

恋愛のドキドキするような要素も少し垣間見れて、現実に恋愛の要素がない今の私には、それも小説の醍醐味という感じで良かった。

4 女性の生き方、働き方

自分の生活をかえりみずに、がむしゃらに仕事をしてきて、女性初の「デスク」(私はあまり馴染みがないけれど、マスコミ業界で記者を統括する高い役職の一つのこと)になれそう、というところまでキャリアを積んでいる里佳。話の中で、今まで興味のなかった食にどんどん興味を持つようになり、料理までするようになって働き方も少しずつ変えていく。

対象的に里佳の親友の伶子は、結婚を機に仕事をきっぱり辞めてしまった。私自身も不妊治療経験者なので、伶子が治療のために病院に通う様子や、治療の件で夫との関係が難しくなる様子などはすごくよく気持ちが理解できた。

登場人物たちの悩みや葛藤を読みながら、自然と自分に照らし合わせて振り返ることにもなる。こうした、女性特有のキャリアアップのスピードダウン、中断などについても考えるきっかけとなり、その点も良かった。


食べ物やお料理好きの女性はとても楽しめる小説だと思います。ぜひ読んでみてください。

created by Rinker
新潮社
¥990 (2020/04/02 11:56:29時点 Amazon調べ-詳細)

The following two tabs change content below.
保育園に通う2児を育てるワーキングマザー。新卒から10年同じ会社に勤め、仕事はお金のためだとしか思ってこなかった。産後、我が子と離れて過ごす時間をそんなふうに使うのはもったいないと思うように。仕事について、やりたい事について、模索中。詳しいプロフィールはこちら