ビジュアルプログラミング言語「ビスケット」で5歳児と遊んでみた


こんにちは、ワーママpicaco(@wmpicaco_)です。

楽しく遊びながらプログラミングを学べる、ビジュアルプログラミング言語「ビスケット(Viscuit)」というものがあることを知って、5歳(年長)の息子と一緒に楽しんでいるのでその様子を紹介します。

スポンサーリンク

1.「ビスケット」とは?

「ビスケット」は、スマホやタブレット、ブラウザで絵を描いて遊びながらプログラミングを学べる、ビジュアルプログラミング言語。

ビスケットを使うと次のようなことが期待できる。(ビスケットであそぼう 園児・小学生からはじめるプログラミング (ぼうけんキッズ)より引用)

■コンピュータでプログラムを自由に作れることのできるすばらしさを短時間で知ることができる。

■思いついたことがあれば、すぐに試して動かし、自分が満足するまで何度でも改良ができる.

■作っていく過程で、コンピュータがどのようなものかという直感が少しずつついていく

2.なぜ、やってみようと思ったか

生まれた時からスマホが身近にある世代の子供たち。我が家でも、スマホをそんなに触らせないようにしてはいても、子供たちは自然と操作が身についていて、気が付けばyoutube動画ばかり見たがるように… 赤ちゃんから遊べるようなスマホのアプリも沢山出ていて、やらせれば必ず熱中するだろうなと容易に想像ができる。

でも、どうせスマホを使って遊ぶなら、プログラミングが学べるアプリのほうが、まだいいかな、と思った。今後、プログラミングが義務教育の教科の一つとして取り入れられるとか、られないとか…? そのことはさておいても、プログラミングの考え方は知っていて損はない、と私も考えている。

3.とりあえずインストールしてみたら…

だいたい、スマホアプリ、ツールはインストールすれば直感的に操作できて簡単に使えるものが多い。「ビスケット」も、使ってみればなんとかなるかな、と思って入れてみたのだが、直感だけでは全然わからなかった!私が使い方がわからないようでは、息子も「なにこれ?」といった感じで、はじめは全然食いついてくれなかった。

そこで、1冊本を買ってみることに。「ビスケットであそぼう」という本で、簡単な課題から難しいものまで順番に、画像をふんだんに使って丁寧にやり方が説明されている本なので、これを読みながら、やっと楽しむことができるようになった。

以上が簡単な、遊び方の例だが、これを応用して、もっともっと複雑なプログラムを作ることができる。まだまだ、うちでは簡単なものしか実行していないが、本を読み進めていくと、音を鳴らしたり、ゲームを作ったりすることもできる模様。すごい!進めていくのが楽しみだ。

4.子供の反応

息子に初めてこのアプリを触らせてみたのは4歳後半だった。その時は、そんなに集中できず、お絵描きだけを楽しむ感じで、動きの部分にはそこまで理解を示していなかった。無理に進めることはせず、しばらくほっておいたのだが記憶には残っていたようで、たまに、「あのおさかなのやつ、やりたい!」と言い出すことがあった。

5歳半になった今、「ここに置いたら、こういう動きになる」ということも少しずつ理解できているようなので、徐々に難易度を上げた動きにも挑戦できたらいいな、と思っているところ。

スマホ、タブレット、パソコンのブラウザ経由、どれでも遊ぶことができるが、一番おススメはタブレット。画面がある程度大きく、タッチパネルのほうが絵が描きやすいためだ。タッチパネルでないパソコンの場合は、マウスかキーボード下のタッチパッドで絵を描くことになるが、これは子供にはやりにくい。絵が思うように描けないとそれだけで「もういや!」となってしまうので、ぜひタッチパネルでのお絵描きをおススメする。ちなみにうちには適当なタブレットがないので、今のところスマホでやらせている。


ビジュアルプログラミング言語、気になっている方の参考になれば、と思います。

レゴのプログラミング教材も気になります。教室で習っている子も最近多いけれど、この教材があれば、自宅でできそう。

The following two tabs change content below.
保育園に通う2児を育てるワーキングマザー。新卒から10年同じ会社に勤め、仕事はお金のためだとしか思ってこなかった。産後、我が子と離れて過ごす時間をそんなふうに使うのはもったいないと思うように。仕事について、やりたい事について、模索中。詳しいプロフィールはこちら