子連れ(小1、小3)で小田原城に行ってきた

こんにちは、ワーママpicaco(@wmpicaco_)です。

小3の息子と、小1の娘と一緒に神奈川県小田原市にある小田原城に観光に行ってきたのでそのレポートをします。息子は最近少しだけ歴史に興味が出てきて、大河ドラマなども見ている影響からか、かなり楽しめていて、娘はさほど興味がないのでおまけ、という感じでした。

小田原城は子どもと行くには幼児だとまだ早いかな、という印象で、小学校中~高学年ぐらいがちょうど楽しめそうな印象を持ちました。(汽車などの乗り物があるこども遊園地もあったりして、幼児でももちろん、楽しめないことはないと思います。)

関連記事:小2の息子が歴史に興味を持ったきっかけ


スポンサーリンク

1 小田原城とは?

小田原城は、15世紀末から5代100年にわたって関東を支配した北条氏の拠点となったお城です。1590年に豊臣秀吉に攻められて、北条氏は滅亡しました。
その後、徳川家康に仕えていた大久保氏が城主となって幕末に至りました。
明治時代(1870年)に廃城となり解体されましたが、昭和に入ってから復興されたのが現在の天守閣をはじめとした建物のようです。

うちの子どもたちは、お城を観光するのが初めてだったので、石垣や御堀、門など昔の建物の作りを新鮮な目で見て楽しんでいました。
息子は、歴史に多少興味を持ち始めていても、北条氏や大久保氏のことはよくわかっていません。(なんなら私も..)でも豊臣秀吉や徳川家康の名前は知っていたので、「豊臣秀吉に攻められたお城」ということにも関心を持っている様子でした。

2 チケットの事前入手

チケットは小田原に向かう道中で検索してアソビュー!のサイトで事前購入しておきました。

チケットは現地で買うこともできますが、スマホから購入しておくと、QRコードを入館時に見せるだけで入れるので楽です。

小田原城には以下の3つの有料見学施設があり、せっかく行くので3つ全て購入。(天守閣とSUMURAI館はセットチケットあり)

・天守閣
・SUMURAI館
・NINJYA館(2021年5月現在は時間指定予約制)

アソビュー!の割引チケットはこちら↓

小田原城の割引チケット

3 アクセス(電車)

今回、小田原城には電車(東海道線)の小田原駅から徒歩で向かいました。

小田原駅は東海道線で東京駅から1時間20分ほど、新幹線も止まる駅で、新幹線なら東京席から35分程度で到着できます。

小田原駅から徒歩10分程度、ということで駅に着けばなんとかなるだろうと思い、大した下調べもせずに到着。駅の看板を見て、「小田原城は東口」と理解し歩き始めました。

お城に着いてから入手したパンフレットに載っていた地図。これが頭に入っていればもっとわかりやすかった。

東口から出て、右手にまっすぐ歩いていくと、お城が見えてきました!ローソンも城下町仕様になっていて面白い~

つきあたりに「旭丘高校」という高校があり、お城の正門から入るには左手に進むとの看板があったので少し不安になりながら左手に進む…

少し進んでから右手に曲がると、お堀が見えてきました。赤い橋「学橋」が先に見えて、ここを渡りたくなりましたが、正門はもう少し先の「馬出門土橋」というところのようだったのでそこから入ることに。橋を渡ると立派な門が見えてきました。

4 小田原城址公園

門をくぐると、お城の周りは「小田原城址公園」として整備されています。

日曜日だったからか、武士や忍者の格好をしたご一行が音を鳴らしながら歩いてきた!武士が大好きな息子は大興奮!

小田原市観光協会がやっているこちらのイベントのようですね。運よくやっている日に行けてよかったです。

2021年4月25日から〈小田原城に甲冑隊と忍者〉神出鬼没でござる!

パレードするだけでなく、戦いのまねごと?みたいな演技も披露してくれていました。

「馬出門土橋」の付近だけでなく、お城の本丸の前などでも何回もやっていてたっぷり堪能できました。そのほか、13時ごろにはお城の石垣の上から、迫力の鉄砲隊の砲撃イベントもありました!

5月末でちょうど、あじさいと花菖蒲が綺麗な時期でした。小田原城址公園内には、10,000株の花菖蒲と2,500株のあじさいがあるそうです!子たちがあまり花に興味がなくじっくり見れなかったのですが…ぱっと見ただけでも圧巻でした。

5 天守閣、SAMURAI館

いよいよ天守閣へ!階段を登ります。階段の左手側に子ども遊園地が見えました。

中には全国のお城の大きさを表すパネルや、お城の模型、冑や刀の展示など、息子は喜んで見ていました。

しかし、この時点でお昼近くなり歩き疲れてきて、歴史にもほぼ興味がない娘が不機嫌に…

とにかく一番上の展望デッキへ!展望デッキは360度ぐるりと回ることができて、綺麗な海や町を見渡すことができました。

昔の人もこんな眺望を見ていたのかなぁ…と思いを馳せる。

SUMURAI館は「常盤木門」という大きな門の傍らにある建物です。ここでは写真を取らなかったのですが、立派な日本刀や甲冑に加えて、甲冑とスクリーンに綺麗に投影される、雰囲気あるプロジェクションマッピングを見ることもできました。

6 ランチ

小田原城に着いたのが11時ごろ、そこから少し見学して12時ごろに公園内のお食事処でランチを食べました。本当は、調べれば外に美味しいお店もありそうだったのですが…疲れた子供たちがお腹をすかせて騒ぐので今回はここで済ませることに。

休日のお昼時にしてはすぐに入れて、まどからお城を見上げることもできて、これはこれで良かったです。

メニューはうどんやカレー、丼ものなど。カレーは子どもには少し辛かったようです。

アイスクリームやかき氷も売っていて、外のベンチで食べることもできました。

7 NINJA館

午後に、予約の時間になったので忍者をテーマにした体験型展示施設NINJA館へ。こちらは、数年前(平成31年4月)にリニューアルオープンした施設だそうです。

入場後、小さなシアターで、小田原で活躍していたといわれる忍者「風魔」についての説明があって、体験している私たちが「忍者になって任務がくだる」という設定

壁を伝ったり、水に浮かぶ蓮の葉の上をを歩いて進みます。(水はなくて、水風の床でした。)「からくり屋敷」という建物の中に合言葉が隠されていて、それを探します。

最後に、体験型シアターで敵の忍者と戦うゲーム。体を動かして手裏剣を投げるのですが、私たちはちょっと戦力が足りなくて敵に負けてしまいました…残念。

でも、体験型、ということで、少し歴史的な展示に飽きてきたうちぐらいの年代の子どもが気分を変えて楽しめる感じで良かったです。


帰りは来た道を戻り再び小田原駅へ…

沢山歩いて疲れて、充実した一日でした。

created by Rinker
JTBパブリッシング
¥1,078 (2021/12/06 10:46:51時点 Amazon調べ-詳細)

アソビュー!の割引チケットはこちら↓

小田原城の割引チケット

小田原に泊りで行く場合にはこちらヒルトン小田原、おすすめです。

関連記事:子連れでヒルトン小田原(屋内プール・温泉・海鮮)宿泊体験記

The following two tabs change content below.
2人の子どもを育てるアラフォーのワーキングマザー。転職経験なしの会社員。自分が本当にやりたい仕事はなんなのか?を模索しながら暮らしています。 詳しいプロフィールはこちら