3歳5歳の子連れで南紀白浜(羽田出発)旅行記

こんにちは、ワーママpicaco(@wmpicaco_)です。

2018年10月に家族で南紀白浜に2泊3日行ってきた時の旅行記です。羽田から70分で南紀白浜空港に着いて移動が楽、海がきれい、魚が美味しい、小さな子連れでも行きやすく安心感があり、すごくいい所でした。

スポンサーリンク

1 旅の計画

・日程は10月2週の金曜〜日曜
・ホテルは南紀白浜マリオットホテルで朝食付き二泊三日プラン
楽天トラベルで航空券と宿泊がセットになった朝食付きプランを予約
中1日だけアドベンチャーワールドへ
・前後の移動日は決まった予定を入れずに余裕を持って過ごせるスケジュール
レンタカーは借りずにタクシー移動

ホテルは、アドベンチャーワールドへタクシーで10~15分、海にも徒歩で行けるという立地や、ホテルの雰囲気、温泉大浴場に入れる点も良さそうだったので南紀白浜マリオットホテルに決めた。部屋のタイプは和洋室キングルームを選択。ベッドで4人寝るつもりだったけど、布団も使えたのでそれぞれ布団かベッド好きなほうを選んでゆったり寝られた点も良かった。

朝食付きの「開業1周年記念プラン」というのを選んで、大人: 92,100円 × 2人、幼児(3~5歳 食事・布団不要) : 37,600円 × 2人 で合計259,400円を事前決済。楽天カード決済でポイントも着くので、私は楽天トラベルを利用することも多い。

ちなみに朝食は4歳以上の子供は別途、1,426円の料金が発生する条件だった。うちは上の子のみ、1,426円 ×2日分の2,852円を現地で追加で支払った。
フライトは、子供たちが無理なく過ごせるスケジュールを考えて以下の便を選択。
行き: 10:25 羽田発    11:40 南紀白浜着
帰り: 18:35 南紀白浜発  19:40 羽田着
レンタカーを借りるか迷ったけど、空港ーホテル間、ホテルーアドベンチャーワールド間共にタクシーで10分程度の近距離なのでタクシー移動に決めた。振り返ってみてもレンタカーより安く済んだし、手間を考えても借りなくて良かったと思う。

2 出発日、海鮮丼と海辺のお散歩(1日目)

飛行機は10分ほど遅れたけど12時前には南紀白浜に到着。
ここ数年、離島を含めて沖縄ばかりに旅行していた私たちは、それと比べても飛行時間があっという間で、離陸してしばらくしたらあっという間に着陸態勢に入るという感じで、子供たちの退屈対策もほとんど気にすることなく移動できた。子供たちはJALの飛行機のおもちゃをもらって満足。これまでANAが多く、ANAのおもちゃには飽き気味だったので、新鮮だった様子。
ホテルのチェックインは15:00だがスーツケースを預けるためにタクシーでホテルへ。
空港から南紀白浜マリオットまでタクシーで5~10分、1050円。
ランチを食べようと、徒歩で海沿いを歩いて、フィッシャーマンズワーフという、小規模な市場兼レストラン集合施設のような場所へ。
ホテルから海岸までが徒歩3分、そこから海沿いを10~15分歩くとフィッシャーマンズワーフに着いた。曇っていたけど、海が綺麗で子供達もなんとか自力で歩いた。
水槽に海老や魚が泳いでいて、水族館感覚で楽しむ子供たち。海鮮丼とお寿司を注文。さすが市場、とっても美味しかった!
食べ終わって13:00。どう過ごそうか?悩んだけど、意外と海岸を散歩するだけで楽しめた。気候も昼間で20℃前後と丁度よく、海に入れなくても、この海辺の岩場がアスレチック感覚で子供達も気に入った様子。
途中の道沿いにあった無料足湯にも立ち寄った。
15:00チェックイン後、お土産ショップなどを一通りチェックし、ホテル最上階11階の大浴場へ…  有料2000円前後でプライベートバスルームもあるとのことだったけど、平日なこともあるのか16:30時点で大浴場は貸切状態、夕食後の19:30でも私達以外に2名ほどしかいなかった。露天風呂もあって日の出、日の入り時刻は絶景とのこと。
夕飯は徒歩4-5分で行ける旬菜台所とも
予約なしで17:30ごろ着いたけどお座敷の席に入れた。海鮮カルパッチョ、しらす丼、梅コロッケ、うつぼの唐揚げなど、地元産の食材のお料理を注文。美味しくて満足。
 夕飯から帰ると下の子は寝てしまった。上の子と私は再び大浴場に行って、翌日に備えて早めに就寝。

3 中日、アドベンチャーワールド(2日目)

7:30 朝食前に少しホテルの庭に出たら、子供の遊び場的なところがあった 朝は温度が下がっていてだいぶ涼しい。子供たちはこれぐらいの小規模な遊具でもすごく喜び、盛り上がって遊んでいた。
朝食は開始時刻7:30に行くと海の見える席に案内してもらえて、コーヒーの種類やフルーツ、パンなども充実していた。卵料理は好きなものを選ぶと調理して席まで持ってきてくれるシステム。和食の白ご飯のじゃこ、海苔の佃煮などが子供達にも好評。子連れで海外にも行ったが、やっぱり日本の食事が一番おいしいし、安心感がある。飲み物の持ち帰り用のカップも用意されていて、部屋に持ち帰ることも可能だった。
9:30ごろにホテルフロントでタクシーを呼んでもらい、アドベンチャーワールドへ。タクシーはホテル前に常に待機はしておらず、呼ぶと5分ほどで来てくれる。ホテルからアドベンチャーワールドまで15分ほど、1,770円で着いた。
長くなるので、アドベンチャーワールドでの過ごし方詳細は別記事に書きました。
アドベンチャーワールドの営業時間は10:00~17:00までだったので、17:00の閉園まで楽しんだ後、そのままタクシーで夕飯を食べに再びフィッシャーマンズワーフへ。前日は一回の市場での食事だったけど、2階にイタリアン「スカルペッタ」というお店もあったのでそちらへ。沢山遊んで疲れた子供たちだったが、子供用のパンダカレーもあって、それを見ると喜んで食べていた。
伊勢海老のパスタ、マルゲリータピザなどを大人も美味しくいただき、徒歩でホテルへ戻る。下の子は疲れてすぐに寝てしまったので、上の子と一緒に大浴場へ。20時前ぐらいの混みそうな時間だったけど、数名しかおらず、再びゆったりと入ることができた。

4 最終日、海水浴と梅ソフトクリーム(3日目)

帰りの便は18:35発なので、丸1日、たっぷり時間があった。グラスボートに行ってもいいかなと思っていたけど、子供の気が乗らなかったので、ホテル近くの海辺で遊ぶことにした。
チェックアウトは11:00。朝食後、大浴場に行った後、10:00ごろにチェックアウトして荷物だけ預かってもらった。
3日目が運よく一番晴れていて海がすごく綺麗だった!
10月半ばで海にがっつり入るのは無理だと思って水着は持って来なかったのだけど、子供たちは入りたいと。水もそれほど冷たくなく、十分入れそうな感じだったのでパンツ一丁になり海へ。海岸にも足湯があってオフシーズン(10月〜4月)は無料で入れる。(オンシーズンでも確か数百円。)足湯と言いながら、子供はスッポンポンになりプールのように入らせていただいてすごく助かった。

11:00頃、海を上がって幸梅漬舗梅ソフトクリームを食べに。海から徒歩数分で行ける距離。
ソフトクリームの種類は、梅、ミルク、抹茶、チョコ、みかん、梅ミルクミックスの6種類。今回は家族4人で1つずつ、梅、ミルク、みかんを注文。梅はそれほど酸っぱくはなく、ほんのり梅の香りのミルク味といった感じ。みかんはシャーベットみたいな感じでさっぱりしていて私は好みだった。
このお店で、自宅用の梅干しと、保育園のお友達へのお土産を購入。

特に行くところも決めていなかったのでホテルのほうへ戻ろうと歩くと近くに「白浜海岸公園」という公園が。子供達は公園を見ただけでテンションが上がり、遊ぶ。普段遊んでいる公園と違い、下が白く綺麗な砂なのも新鮮でよかった。子供たち、裸足になって夢中で遊んでいた。

さらにまた海でも遊びたいと…今度は上の子は着替え用に持っていた短パン、下の子は着るものがなく濡れたパンツを再び履くことを提案するも拒否られて真っ裸のまま海へ!流石に真っ裸で海に入ってる子はいなかったけどもういいや…  砂に埋まってみたり、小さな貝殻を集めたりしてめちゃくちゃ楽しんでいた。再び足湯で暖まらせてもらった後、服に着替える。

ランチはマリオットに戻り、ラウンジで軽食を。宿泊プランにサービスでここでのドリンク無料券4枚が付いていたので、それも使う。いろいろな種類のサンドイッチ盛り合わせと、創作寿司のようなものを頼んだ。

食べ終わってまだ15:00。中途半端な時間で子供も落ち着きがないし行くところもないのでお土産購入や飛行機の離着陸を見て時間を潰せるかと思いタクシーで空港へ…
16:00前には空港に着いてしまて2時間半も時間があり、これは早すぎて失敗だった。
お土産屋さんも小さいの1つしかなく買い物も一瞬で終わってしまい、飛行機も1日3便しかないので17:55まで来ない…

どうにかおやつを食べたり、しまいにはタブレットで動画を見せて時間をつぶし、18:00前に屋上に出て到着便を見た後、搭乗。飛行機は定刻通りあっという間に羽田へ。19:40着予定で19:30ぐらいには着いていたので少し早く到着したように思う。

5 まとめ

今回の南紀白浜旅行、以下のポイントでとても満足で小さな子連れにはおススメだと思った。特に関東在住で羽田が近い家族には良いと思う。
・移動時間が短く、楽
・海がきれい
・海鮮、みかん、梅干しなど、食事が美味しい
・温泉あり
・アドベンチャーワールドで動物、乗り物が楽しめる

今回の旅の良かった点と反省点は以下の通り。ちなみに費用は、すべて(宿泊、交通費、食事、アドベンチャーワールド料金など)含めて30万円弱だった。

【良かった点】
・10月初旬は過ごしやすく、かつ海にも入れた。
 (台風が心配だったが、運よく当たらず。)
・南紀白浜マリオットは綺麗で快適だった。和洋室キングルームも子連れに最適。

【反省点】
・アドベンチャーワールドのチケットは乗り物フリーパスセットの
 前売り券を買ったほうがお得(詳細はこちらの記事)
・最終日に空港へ行くのが早すぎた。空港は何もないので
 他の過ごし方を計画したほうが良かった。
・水着を持っていけばよかった

こちらのるるぶは、アドベンチャーワールドのことも詳しく載っていて、レストランも参考になりよかった。
The following two tabs change content below.
保育園に通う2児を育てるワーキングマザー。新卒から10年同じ会社に勤め、仕事はお金のためだとしか思ってこなかった。産後、我が子と離れて過ごす時間をそんなふうに使うのはもったいないと思うように。仕事について、やりたい事について、模索中。詳しいプロフィールはこちら