夏休みに4歳6歳の子連れで宮崎旅行!シーガイアのシェラトンに3泊4日宿泊体験記

こんにちは、4歳と6歳の2児育児中のワーママpicaco(@wmpicaco_)です。
上の子が小学生になり、今まで9月〜10月に行くことが多かった夏休みの旅行も、時期を外しづらくなってしまいました。夏休みは高いし混んでいるしどこに行こう?と迷った結果、宮崎の「フェニックス・シーガイア・リゾート」にある、「シェラトン・グランテ・オーシャンリゾート」ホテルに宿泊してきたので、そのレポートをします。今回はちょうどお盆の終わった頃に出発して3泊4日してきました。
初めて行った宮崎。のんびりしていてご飯も美味しく、アクセスも便利。プールや海でたっぷり遊び、温泉にも入れて4歳6歳の子供達もとても楽しんでおり、選んでよかったと思いました。
いつも、旅行にはるるぶを買っていくことが多いですが、今回はまっぷるを買ってみました。
スポンサーリンク

【1日目】 出発の日。宮崎市街でおぐらのチキン南蛮/ホテルが激混み

羽田空港9:15発、10:55着の便で1時間45分のフライト。宮崎空港は新しいのか、建物も綺麗で、ブーゲンビリアが象徴的。
ヤシの木が植わっていて、南国の雰囲気を感じてテンション上がる。
この日の天気は曇りで、気温は29度とのこと。蒸し暑いが、東京は猛暑だったので、少し涼しいと感じた。
ニッポンレンタカーを借りていたので営業所まで送迎車で向かう。小規模な営業所で、送迎車にも9人しか乗れない。手続きもすぐ終わった。
ランチは宮崎名物のチキン南蛮を食べに、宮崎市街のおぐら本店へ。空港から20分ほどで、12:00少し過ぎに到着。黄色いおじさんの看板が目印、とのことだったが、車で通りかかっても見つけられず。店には駐車場がないので近くの有料パーキングに停めて歩いて行くと、大通りから一歩小道を入ったところに見つかった。
日曜日の市街でも人は少なかったので混んでないだろう、と思ったのだが、店の前に行列!ちょっと怯んだものの…自分たちの後にもどんどん行列が伸びていくのでこれは逃せない、と思い、並ぶ。窓から店の中を覗くとそれほど広くなく、かなり待つかなぁとも思ったのだが、わりと回転が早く、どんどん列は進んでいき5組目ぐらいに並んで20分ほどで店の中に入れた。
 
入ってみると二階にも席があってそれなりに広い。二階の座敷席に案内してもらえた。子連れには有難い。
大人はチキン南蛮、子供はお子様セットを頼む。お子様セットにはおもちゃも付いていて、これまた有難い。チキン南蛮は胸肉なので思ったよりもさっぱり。美味しい。
お子様セットは大人と同じチキン南蛮の小さいのに、ハンバーグ、ウィンナー、ゼリーやご飯がついて、小1の息子は、「このお店、世界一美味しい!!」と言って喜んで食べていた。
その後はガイドブックで目にして、気になった、「なんじゃこりゃ大福」(苺、栗、クリームチーズが入った大福)を売っている「日高」、というお菓子屋さんによって大福を買ってから車に戻り、ホテルに向かった。( 大福はホテルの部屋に着いてから食べた。ボリュームたっぷりで美味しかった。)
 
市街から20分ほどでホテルに到着。14:00チェックインだったので14:00少し過ぎに到着し、ちょうどよいなと思った。…が、チェックインがめちゃくちゃ混んでいて30分くらい並ぶことになってしまった!お盆休みは若干ずらしていたのにこんなに混んでいるとは予想外。疲れた。ここしかめぼしいホテルがないからか?
部屋は「デラックストリプル」で18階。(ホテル自体は43階建て)ツインにベッドがひとつ付け足されていてベッドが3台。朝食付きで下の子は添い寝プランにした。(朝食バイキングは添い寝の子供の場合でも、4歳以上で1,250円/一回 の別料金発生)
部屋の窓からは海が見渡せる(おそらく全部屋)が、高い建物だからか、ベランダはない。今回、毎日プールか海に入って水着を使ったが、バスルームしか干すところがなく、水着が生乾き状態で、ベランダがあったらいいのにと思った。もしくはどこかに脱水機だけ使えるとこがあればよかったが、見当たらず。(コインランドリーはあるのでそこで洗濯乾燥することは可能)
 
部屋で少し休んでからプールに行ってみると激混み!!芋洗い状態で萎える。浮き輪を膨らます自動ポンプにも行列。プールサイドのチェアも全く空いておらず。朝8:30からチェア争奪のために整理券を配るらしい。仕方なく空いている地面に荷物を置いてプールへ。
子供達は混んでいるなど関係なく楽しそう。少し曇りだったのもあってか、暑さは大したことなく、過ごしやすい。
プールは2種類あって水深1mちょっとのプールと、水深40cmぐらいしかなくて白い砂が敷いてあり砂遊びのできるプール。こちらも砂の山を作ったりできて、子供達は楽しそう。
プールからそのまま併設の温泉に入ってから部屋に上がれるのが便利。
ラッキーなことに30分後ぐらいに、空いているチェアを見つけて荷物を置けたので少しゆっくりできた。
温泉に入ってから部屋で一休みして、夕食は近くのイタリアン、PILLLOWへ。ホテルから車で5分程度。
ホテルの混み具合を見て不安になり、19:30に予約してあった。おしゃれな外観。うちの他に1組しかお客さんはおらず予約しなくても入れたかも。
スパークリングワインと魚のフリッターに釜で焼いたピザを2枚注文。子供2人と夫婦2人で十分な量。とても美味しかった。
 

【2日目】ホテルのプールで遊び倒す

朝食はパインテラス。一般的な和洋のバイキング。魚や野菜が美味しかった。やはり国内の食事は美味しい、と海外の食事と比べて毎回思う。
天気が悪く、朝の時点で雨がかなり降っており、どこに行こうか悩む。
雷などがなければプールは雨でもオープンするとのことだったので、朝からホテルのプールに行くことに。
晴れていれば36番まですぐに配り終わってしまうという、プールサイドの椅子用の整理券、8時半配布開始の30分前に行ったら雨のせいか誰もいなくて一番をゲット。9時に入場したら空いてて券がなくても席は取れた。空いてて逆に良かった。暑さもないし、雨も小ぶりで十分に楽しめた。
ランチはホテル内の風待ちテラスでクラブサンドとカフェラテ。
子供達はパンを選んで食べていた。くつろげる良いカフェだった。有料で借りることのできるボードゲームをたのしんでいる家族も見かけた。
午後は部屋でゆっくり過ごしたあと、夕食diningかもめ へ。この日はナイトプールに行きたかったので早めの18:00に予約。キッズプレートが予約の場合のみ千円で作れると言われたが、それは頼まず単品で注文することにした。隠れ家的な外観。
メニューを見て、お刺身や炭火焼きなどを注文。子供が食べられる、おにぎりやチャーハンなどもあり、おいしくいただいた。オリジナルの柚子胡椒ドレッシング500円が美味しそうだったので買って帰った。
子供が楽しみにしていたナイトプールへ。暗闇にライトアップされたプールは綺麗で初めての体験でテンションが上がる。20:00から3分間の花火が毎日打ち上がる。プールで遊びながら見ることができた。天気は一日中良くなくて小雨。晴れていれば星が綺麗だったのかもしれない、と残念。
そのまま21:00すぎに温泉に入ってパジャマに着替えて就寝。この時間の温泉は混んでいて、シャワースペースを使うのに少し並ばなければならなかった。

【3日目】栄松ビーチ、大堂津海水浴場と青島

雨は上がっていたものの、曇り空。
朝食後、9時ごろ出発して栄松ビーチという遠浅の海に行くことに。車で1時間半ほど。
晴れの日に行きたかったが、翌日には帰るのでやむなし。
途中、フリーペーパーで見つけたお弁当屋さん「にこにこショップ」でお弁当とおにぎりを買っていくことに。
 
天むすや、リボンの形に海苔を巻いた変わったおにぎりなど。付け合わせのさつま揚げや鮭も美味しかった。
ビーチは曇り空のせいもあってか、期待したほど綺麗ではなくちょっとがっかり。
が、子供達は楽しそうに遊んでいた。
12時すぎに買ってきたおにぎりを食べ終わると、プールに行きたいというので、プールが併設されている別のビーチ、少しホテルの方向に戻ったところにある「大堂津海水浴場」へ。
途中立ち寄った港の駅「めいつ」にある海鮮レストラン、混んで並んでいた。この時間に切り上げるならここでランチ食べたかったなーと残念。名産物のお土産を少し購入。
「大堂津海水浴場」は駐車場200円で子供用40cm、60cmプールは無料。たっぷり2時間遊んで子供たちは満足そう。
ここで、地元のおじさんに、なんでこんなに何にもないところに来たの?青島のほうが綺麗だし栄えてるからそっちに行った方がいいよ、と言われ…続いて帰り道で青島に行ってみることに。
子供達はだいぶ疲れて寝ていたが、青島には車ではいけないので有料駐車場(1日500円)に止めた後、叩き起こして青島へ。
ついてみると、海に長い年月をかけて自然に出来上がった「鬼の洗濯板」や青島の中に建つ「青島神社」は雰囲気があって、来てみてよかった。
そんなにお腹も空いていないのでこの日の夕食は、青島内で開かれていたフードマーケットで。軽食で済ませた。
ホテルに帰りまたナイトプール、温泉、をこなして就寝。

4日目】 最終日。宮崎牛鉄板焼きミヤチクと特攻隊慰霊碑

部屋から見た朝日。最終日が一番天気が良く、ちょっと悔しい。

朝食後、チェックアウトして宮崎臨海公園へ。ちょっとした遊具があるのでそこで少し遊ぶ。
小さな子供はこういう所で十分満足だったりする。..が、この日は一番天気が良くて暑いのですぐに引き上げて、少し車でサンビーチ一ッ葉をぐるっと回って海を眺めたあと、ランチへ移動。
宮崎牛の鉄板焼きミヤチクへ。臨海公園から5分ぐらいで到着。
前日に電話予約をしたところ、11:00からか14:00からしか空いていないとのことだったので11:00から予約。
子供にはお子様のハンバーグコース、大人は宮崎牛のサイコロステーキコースを注文。サラダバー、ドリンクバーもついて、お肉は目の前の鉄板で焼いてくれる。炎が出る場面もあったり、エンターテイメントになり、ボリュームたっぷり。
大人のご飯は白ご飯かガーリックチャーハンのどちらかで選択可能。
トーストを、ステーキを乗せるお皿代わりに使って肉汁が染み込んだ後に、バターで焼いてシュガートーストにしてくれる。抹茶、ココア、シナモンのパウダーをかけてもらえる。特徴的な食べ方で面白い。お味も美味しくて子供たちも気に入っていた。
フライト時刻まで余裕があったので、レンタカーを返す前に宮崎の特攻隊慰霊碑(宮崎海軍航空隊の跡)に立ち寄る。
下の子は車で寝てしまっていたので起こさず、上の子だけと一緒に参拝。まだ歴史を学んでいない小1の息子だったが、軽く特攻隊のことを説明して手を合わせてきた。戦争のことを少しでも感じる良い機会になり、立ち寄れてよかった。すぐそばに少し車を止めることができる。
石碑に刻まれた特攻隊員の遺書や、出身地と共に記された多くの名前を目にすると胸に迫るものがあった。
レンタカーを返し、13:00ごろには空港へ。
いつも、旅行先の空港で時間があれば大体立ち寄る展望デッキ。宮崎空港では、デッキに練習用の実際の飛行機が飾ってあり、子供がコックピットに座らせてもらえるのが魅力。航空大学がすぐそばにあり、小型飛行機が頻繁に発着していて、それもしばらく眺めて楽しめた。   
15:40発17:20羽田着の飛行機。少し遅れたけど無事に到着し、宮崎旅行終了。

4日間、盛りだくさんで宮崎を満喫できて、いい旅行でした!1週間前には大型の台風が来ていて、飛行機が運休したりもしていたので、こればかりは運ですね。無事に楽しんでくることができて良かったです。みなさまの参考になれば、と思います。

移動中の子供の退屈防止アイテムについてはこちらの記事をどうぞ↓

関連記事:新幹線/飛行機移動で幼児を飽きさせないアイテム3選

The following two tabs change content below.
保育園に通う2児を育てるワーキングマザー。新卒から10年同じ会社に勤め、仕事はお金のためだとしか思ってこなかった。産後、我が子と離れて過ごす時間をそんなふうに使うのはもったいないと思うように。仕事について、やりたい事について、模索中。詳しいプロフィールはこちら