「 育児 」一覧

ちきりん『マーケット感覚を身につけよう』の読書メモ

大好きなちきりんさんの本「マーケット感覚を身につけよう」を再読しました。2015年に発売された本だけど、4年経った今「最新刊!」と言って売られていても全く違和感ないように思える内容。自分がこの数年で多少なりとも成長したのもあり、より理解を深めることができたので育児の視点も交えてメモを残しておきます。

食を大事にしたい人、食育にもおススメ『私が最近弱っているのは毎日「なんとなく」食べているからかもしれない』

私は料理も好きだし、育児においては食育も大切にしたいと思っていて、そんな中で食への意識をより高められる、とてもいい本に出会ったので紹介します。小倉朋子さんの「私が最近弱っているのは毎日「なんとなく」食べているからかもしれない」という本です。

幡野広志さんの「ぼくが子どものころ、ほしかった親になる。」を読んで

とてもありがたい本を読ませていただきました。幡野広志さんの、「ぼくが子どものころ、ほしかった親になる。」幡野さんは34歳で多発性骨髄腫というガンを発症され、余命3年を宣告された写真家の方で、かわいい幼い息子さんがいらっしゃいます。その息子さんに向けた手紙を出版されたのがこの本。そんな大切な文章を読ませていただけること自体が、とてもありがたく、中でも印象に残ったことをまとめています。

5歳児のお金の勉強「ヤフオクでお金を生み出す体験をしよう!」

子供はおもちゃやお菓子をおねだりして買ってもらうのが大好き。でも、お金は働いて稼がないと物は買えない。お金のことをどう教えていくか?は子育ての悩みのひとつ。そんな中、自分でお金を生み出す体験のひとつとして、5歳の息子にヤフオクで要らなくなったおもちゃを売ることをさせてみたので、そのことをまとめています。

本当に使えた!一人目の出産祝いおススメ品

初めての子供が産まれたお友達への出産祝い。せっかくなら沢山使ってもらえるものをプレゼントしたい。子供の成長も好みも個人差が大きいから、本当に愛用できるものってなかなか少なかったりします。そんな中、私が実際にいただいて、濃く長く愛用できた出産祝いを紹介します。

もらって嬉しい!2人目出産祝いのおススメ品

友達に2人目の子供が生まれた!お祝いに何をあげればいいか、悩ましいですよね。1人目でさえ悩ましいのに、2人目となるとさらに。私は自分が2人目を生んだ頃の気持ちになってみて、いただいたら嬉しかったな、と思う物を友達にも贈るようにしていて、今回はそのアイディアを3つ、紹介します。

ずぼらトイレトレーニングでオネショ一回もなし!経験談

我が子たちのトイレトレーニングは、意外と簡単に済んだな、という感想。特。一言でいうと、トレーニングは適当にしかやってません。ずぼらトレーニング。でも、オムツはちゃんと外れたし、特に恐れていたオネショに関しては、今のところ一回も経験がありません!今のところですが、大成功だったと思われる、うちのトイトレのポイントをまとめてみます。

子供に料理のお手伝いをさせる?坂本廣子さんの「台所育児」を読んで

子供と一緒にお料理...穏やかで幸せな時間、といったイメージで憧れがありますが、やらせてみるとなかなかそうはいかないのが現実。そんな中、かれこれ30年も前から読まれ続けている「台所育児」という本を読んでなるほどな、と思ったり、実践したこともあるので、そのことをまとめます。